スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

チームがどんどん増えていくで

ちょっと前に高低のザム2観てきたよー。

キャラクターとしてはスモーキーが一番好きなんだけど、チームとしてはホワイトラスカルズが一番好きなので、めちゃ面白かった!
一番手に汗握ったのはカーアクションだったけど(笑)
日本であんなカーアクション撮れるんやなー。
日本なんかな?日本やったんかな?

若頭という名のターミネーターが本当に不死身で、不死身過ぎて倒せる気がしなかったけど、本当に倒せてなくて笑った。
九龍グループはスカイネットと繋がりがあるの?あれは人間抹殺用のアンドロイドなの?最強なの?

世界名作劇場好きのロッキー

W>R=D=雨宮>S=O>ムゲン が、私の好きなチーム順なんですが、九十九さんはSWORD地区の良心なので、すべての車は九十九さんに優しくなったらいいと願って止まない。

高嶋政宏の顔芸ヤメテ

どうしてお兄ちゃんの胸元に連絡先突っ込むの。
なんでそこ。おひねりかよ。

達磨一家についに女っ気が…!ひぇぇ。
(賭場にいただけだとしても)
鬼邪高涙目。
でも村山がすべての可愛さを兼ね備えてるから大丈夫。

スモーキーがもう死にそう。
歩いてるだけで死にそう。
微笑んでるだけで死期が迫りそう。
気を抜いたらすぐ召されそうで、ずっと冷や冷やしながら観てた。
今回スモーキーは本当に何もしてないのに、何故か頑張って乗り切った感がある。

神に感謝しろよ

いんでぃーど

「♪仕事探しはインディード」のCMのラスト、マジシャンに扮した時の斎藤工の
「いんでぃどぉ」がドエロイ。

「♪バイト探しは〜」の時はスルーしてるけど、「♪仕事探しは〜」の時は完全に耳がエロ待ちして困る。

ウソ、全然困ってない。
もっと流してほしい。
心から熱望する。

ゴルハムさんの一周忌

今日、ゴルハムさんの一周忌をしました。

指定したわけでもないのに、偶然にも仕事は休み。
しかも、一年前と同じ、2連休です。

なので、充分に準備をすることができたので、
ゴルハムさんを埋めた庭の草むしりもして、部屋の掃除もして、好物も買ってきました。
インゲンとイチゴだけは見つけられなくて、買うことが出来なかったけど。

供養ってなんだろうってずっと考えてるけど、忘れないのも、忘れるのも、供養なんだろうなぁ。

叔母にしておくにはもったいない演技力

4才の甥っ子と一緒にビーチボールで遊んでいたら(一方的にボールをぶつけられる「ユゲちゃんそこに動かずに立ってて」という遊び)、
甥っ子がボールを投げるときに、「かーめーかーめーはー!」と言ってきたので、
今の子でもやっぱり真似するとこは一緒なんや!と感動して、
堀川りょうもかくやというテンションで、

「カカロット!貴様のフルパワーはこんな程度かー!」
とノリノリで応じたら、キャッキャと投げてきたので楽しくなって、ずっとべジータになりきって遊んでいたら、

英会話教室から帰ってきた小学1年生の姪っ子が甥っ子を掴まえて、
「(甥っ子)ちゃん、ドラゴンボール知らないのになんでカメカメ波って言ってるの?」と尋ねた。


お前知らんのかい!


詳しく聞くと、幼稚園のリク君が、持ち物すべてドラゴンボールというほどの大のドラゴンボールファンらしく、甥っ子のカメカメ波の師匠はリク君だった。

リク君と遊びたいなって思った。

窪田くんの色気の蛇口が故障してた

「東京喰種」観てきました!

冒頭、ずっと窪田くんが吐いてて、
本当、俳優さんってめっちゃ大変やな…と心配になった。

原作は2巻くらいまでしか読んでないんですが、さすがにあの内容を130分で語るには説明不足で、まったく原作知らない人には「??」ってなるところが多かったんじゃないかなぁという感じ。

正直窪田くんと洋ちゃん目当てで観たってところがあるんで、その点ではとっても満足です。
迫力あったし、みんな演技達者な俳優さんばっかりだったので、終始ダークな内容でも入り込んで楽しめました。

窪田くん、ペロペロペロペロしとったなぁ。
(^∨^)よきかな

見終わった後にパンフレットとグッズを見に行ったら、カネキマスクという名のお面がラス1で、「どうしょっかなぁ…」と思ってたら、小学生らしき少年が棚の前でそのマスクを見つけて、バッと手にとって母親のところに走っていったのね。
「お母さん!こんなんあるー!」って見せて、「返してきなさい」って言われて棚にマスク戻して。
どうやらすごく欲しいみたいなんだけど、1200円なんで、お母さんも買う気がなくて、
少年は何度も棚からマスクを持ち出しては戻して持ち出しては戻してを繰り返してたんで、

問題の種をなくしてあげようね

という気持ちで、少年が棚にマスクを戻したタイミングでマスクを手にとって、大人の経済力にモノを言わせて買ってきました。

棚に戻ってきた少年の「ない!」という声を背中で聞きました。

少年よ、君も早く大人になるといいよ。
1200円の、特に何にも使う予定のないお面をさっさと買うことができるからね。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年12月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31